ブルックスカレッジ

2016.12.01

トピックス

ウォーキング・デッドのパロディ動画『The Rundead』が怖いのに最後はほっこり

mainvisual

スポーツ系の動画といえば、かっこいい!爽やか!などが定番ですが、この動画はちょっと違っています。

ランニングを楽しむ“ランハッピー”を掲げるBROOKSランニングシューズとしては、どんな時でも、どんな人でも走りを楽しんでもらいたいと思っています。
そう、それはゾンビであっても…

ウォーキング・デッドは世界中で人気のドラマで、日本でもファンは多いと思います。
そんなウォーキング・デッドのパロディ動画がアメリカで話題になっています。
本社Brooks Runningのyoutubeの視聴回数は、20万回超え。
本格的なホラー映画かと思いきや最後のオチは、しっかり “ランハッピー”を体感できる仕上がりになっています。

ゾンビがハッピーとはどういうことか、まずは動画をご覧ください。

ゾンビが次々襲ってくる荒れ果てた街中を、主人公が全速力で走り抜けていきます。

pic-1

ゾンビが這って襲ってくる様子なんかは本格的なホラー映画です。

pic-2

朝になっても逃げ続ける主人公。
その足音に気付き家に隠れていた人が窓の外を覗こうとすると…

pic-3

やっぱりゾンビが現れます。

pic-4

ひたすら逃げ続ける主人公。朝から晩まで走り続ける脚力はたいしたものです。

pic-5

とあるショップの中に逃げ込んだ主人公を追って、ゾンビの大群がなだれ込んできます。

pic-6

壁越しにゾンビが!絶体絶命の主人公!!

pic-7

しかし、その後ゾンビ同士が何かを奪い合っています…

pic-8

ここからストーリーは新たな展開を迎えるのですが、続きは動画でお楽しみください。

英語でゾンビをさす“アンデッド” とタイトルにもなっている“ラン・デッド”。
ただのダジャレのパロディなのか、“ランハッピー”を体現する動画なのか?
個人的には最後のゾンビの表情がお気に入りです。

ちょっとした小話ですが、ゾンビの中にはブルックスのCEO ジム・ウェーバー氏も特殊メイクで参加しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧