ブルックスカレッジ

2019.02.28

ランニングシューズ

プロに聞く、ジャストフィットするランニングシューズの見つけ方

プロに聞く、ジャストフィットするランニングシューズの見つけ方

 学生時代からのラン歴37年。シューズアドバイス歴は25年に至り、独立後の6年間で1,000人を超すランナーにシューズ選びをしてきた藤原商会の藤原岳久さん。シューズアドバイスのプロに「ジャストフィットするランニングシューズの見つけ方」を聞きました。

シューズアドバイザー藤原岳久のプロフィール

1970年生まれ48歳。東海大学競争部出身。日本フットウエア技術協会理事。JAFTスポーツシューフィッターBasic/Master講座講師。足と靴の健康協議会シューフィッター保持。元メーカー直営店店長,販売歴20年。NewZealandをコヨナク愛する。
ハーフマラソンベスト1時間9分52秒(1993)、フルマラソンベスト2時間34分28秒(2018年別府大分毎日マラソン) 、富士登山競走5合目の部 準優勝 (2005)。

 

目次

シューズアドバイザーの仕事とは?

藤原氏のシューズ選び

ご専門中のご専門である「シューズ」についてお聞きするシリーズですが、そもそも、シューズアドバイザーってどういう仕事なのですか?

藤原:まずはそこからですよね(笑)。シューフィッターを養成する先生でもあるのですが、買う人であるランナーと、売る人であるメーカーやお店の人の間に入って、最適なシューズを見つける手助けをする人です。これは、履く体験を通じて、両者にシューズ選びのチェックポイントをアドバイスするわけです。

ランナーにはもちろんですが、お店の人にもアドバイスするのでしょうか?

藤原:基本は、ランナーです。ですので、私のお客様はランナーですけど、接客するお店の人にもシューズ選びのポイントを知ってもらいたいという気持ちがあって、そんな気持ちから両者の仲人みたいな立ち位置を意識しています。

シューズ選びの前に大切な接地時間のこと

ランナーであるお客様と色々お話をし、お悩みや体のことなどをカウンセリングした後、藤原さんが「君にはこれだよ!」と選んでくれるのですね?

藤原:すぐにそうなる訳ではありません(笑)。ここで、前提の話をさせてください。そもそも、シューズはタイムやレベルで履くものではないと思っています。「サブ4タイプ」とかメーカーもメディアもよく言うじゃないですか。あれ、ちょっと違うなぁと言う率直な考えがあります。

どういうことですか?

藤原:僕は、シューズはシチュエーションで履くものだと思っているんです。例えば、ウサイン・ボルトが100mを9秒58で走りますが、地面に接地している時間は3秒ちょっとと言われます。これはマラソンのような長距離でも同じことが言えて、この接地時間を短くすることが走る基本動作であり、その動きを助けるのがシューズなんです。

接地時間が長いとリスクが高まるのですか?

藤原:その通りです。多くの人はかかとの外側から踏み込んで、内側にひねるようにして母指球を通って前へ踏み出していきます。この動きには個人差はありますが、毎回このひねりを繰り返している訳でして、フルマラソンの場合、ランナーは5万〜6万回着地している計算になります。ですので、接地時間が長いとひねりが増え怪我のリスクがより高まるといわれています

藤原氏のシューズ選び

シューズが接地時間の短縮にどう貢献するのでしょうか?

藤原:ランナーとしての身体が出来上がっていない、あるいは、怪我を抱えがちなランナーは、シューズによる助けが必要な段階と言えるでしょう。あるべき走り方にシューズが誘導してくれると言いますか、シューズがクセを是正してくれて、リスクを少なくしてくれるのです。

ジャストフィットとは何ですか?

誰しもが、自分にフィットしたシューズを欲しがるもので、藤原さんが考えるジャストフィットとは何でしょうか?

藤原:これは大きく分けると「足にフィット」「目的にフィット」の2つなんです。別の言い方に置き換えると「足にフィットとは、サイズ選び」です。「目的にフィットとは、シューズ選び」を指します。

お店で「〇〇の26.0cmをください!」とかランナーは言うじゃないですか、これはダメなんですか?

藤原:それは危険ですね(笑)。賭けと言ってもいいくらいですよ。第一に、接客する側からすれば、お客様の情報を知らない訳ですからね。

どんなアプローチでジャストフィットシューズを見つけていかれるのですか?

藤原:企業秘密なところもあるのですが(笑)、サイズを測るといった物理的なことはもちろん、お客さんの情報をヒアリングします。お悩みやランニングスタイルなどを時間をかけてカウンセリングする感じです。

シューズというハードを選ぶためには、その方の情報=ソフトも大切にされてるんですね。

藤原:そこが一番大切かもしれません。ヒアリングしていると、ご本人も気づかなかったことが見つかったり、こちらもより具体的なアドバイスができるようになるんです。

適切なシューズの見つけ方

フットメジャーデバイスを使用1

では、「足にフィット」と「目的にフィット」の見つけ方はあるのでしょうか?

藤原:一言で表すと客観的に自分を知るために、自分の情報を一緒に探すことになります。例えば、以下の点を押さえてみてください。

1. サイズを測ってもらう

自分は本当に「甲高幅広」なのか? 主観じゃなく、客観的な情報を得ることです。

藤原氏のシューズ選び

2. 目的を店員に話す

上でも言いましたけど、何のためのシューズなのか目的を明確に伝えましょう。

3. かかとから合わせる

足入れした時のフィッティングの基本は、かかとです。鼻緒があって、かかとがフリーな日本の伝統的な履物と真逆の構造になっているのがシューズです。かかとのフィット感を確かめてください。

4. 甲周りと幅を確かめる

生地が余り過ぎていても、はち切れそうなくらいパンパンであっても、甲高が合っていません。それから、中敷(インソール)を外してその上に乗ってみてください。そのシューズの幅と合うか確かめるためです。

フットメジャーデバイスを使用2

5. つま先を合わせる

かかとと甲周りを確かめたら、つま先を合わせます。つまり、長さですね。男性は特に大きめを選ぶ傾向にあります。2cm以上大きいサイズを頑なに履く頑固者は男性に多くて、そういう人はつま先を使わず、ペンギンみたいにパタパタ走っています(笑)。一方、女性はパンプスを履く習慣からか、フィット感の高いシューズを選びます。
つま先は1cm程度の余裕を持つことが理想です。

6. 紐は平行になるようにする

紐をギュウギュウに絞る人を見かけますが、明らかに合っていないシューズです。紐を締めた時にシューズの左右の羽は平行になるのが理想です。紐は最後の微調整部分くらいに思っておくと良いです。

ランニングシューズの紐の正しい結び方

最後のフィット感は自分で決める

フィット感のイメージ写真(ブルックス)

必要な情報を伝え、最後のフィット感は自分で決める。そのためにも自分の足のことを日頃から知っておくことが大事ですね。

藤原:おっしゃる通り、フィット感の最終決定者は自分自身です。僕のシューズアドバイザーという仕事は、ランナーのための環境整備をしてエンターテイメントにする仕事だと思っています。「お買い物ツアー」と呼んでいるシューズアドバイスは一人3時間ほどかけるんですよ。しっかりとコミュニケーションを取って情報交換するわけですから、ランナーもシューズ選びをきっかけに自分のことを客観的に見る目を養ってもらえればと思います。

まとめ

 サイズ、ラン歴、スタイル、クセ、フォーム、そして、目的。シューズ選びの際に大切にしている藤原さんのヒアリング内容は、自分自身を知る要素がたくさん詰まっていました。かかとから合わせ、甲周りと幅を確かめ、つま先を合わせ、最後に紐を合わせる流れを今一度確かめてみてはいかがでしょうか。ジャストフィットするランニングシューズの見つけ方は、自分を知る大切な一歩です。

 次回は、怪我をしないための履き分け術をお伝えします。

サブ4を目指すランナーにおすすめのシューズ

メンズ
GHOST11 ゴースト11 / ランニングシューズ

初心者ランナーからトップランナーの練習など“シューズチェンジ”にも人気のゴースト。今季はさらにグレードップし、軽く柔らかいながら、耐久性に優れた新素材DNA LOFTをかかと部分に搭載。前足部にはブルックスDNAを配置することで、衝撃吸収力とスピードの両立を実現。対応スピードの幅を広げ、バランスの取れた履き心地と安定した走りを提供します。

¥12,500 (税抜)

ウィメンズ
GHOST11 ゴースト11 / ランニングシューズ

初心者ランナーからトップランナーの練習など“シューズチェンジ”にも人気のゴースト。今季はさらにグレードップし、軽く柔らかいながら、耐久性に優れた新素材DNA LOFTをかかと部分に搭載。前足部にはブルックスDNAを配置することで、衝撃吸収力とスピードの両立を実現。対応スピードの幅を広げ、バランスの取れた履き心地と安定した走りを提供します。

¥12,500 (税抜)
ランニングのお役立ち情報を発信中!

ブルックスカレッジではランニングに関する情報を発信しています。
運動、健康、ダイエットなど皆さんのランニングライフにお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧