ブルックス ランニング辞典

シンスプリントshin splints

スネの内側が痛くなるランニング障害です。

スネを押すと痛みがある、骨がミシミシきしむような痛みがある、走ると痛い、少し楽になってもまた練習再開すると痛みが出る。そのような場合には、シンスプリントの疑いがあります。

反復動作が長時間続いたり、練習量が多い時に起こりやすいと言われています。

筋力のバランス・筋持久力・柔軟性などが足りていないのが原因ですが、陸上競技、サッカー、バスケットボールやバレーボールなど、ダッシュやジャンプを繰り返すスポーツ選手に多い障害です。

スポーツを始めて間もない人がなりやすいという特徴もあり「初心者病」などとも言われています。

マラソンランナーの場合、着地の衝撃が強い“下り”で痛みが発生することがあります。