ブルックス ランニング辞典

ドロップDrop

かかと部分とつまさき部分のソールの厚みの差を指す。一般的にドロップが高ければ、アキレス腱やふくらはぎなど筋肉への負荷が低く、踵から着地するヒールストライクを促し、ドロップが低ければアキレス腱やふくらはぎなど筋肉への負荷が高くなり、足裏全体で着地するフラット着地や前足部で着地するフォアフット着地になりやすい。