ブルックス ランニング辞典

疲労骨折fatigue fracture

鈍い痛みが長引くときには疲労骨折の疑いがあります。

スネの内側が痛くなるシンスプリントと似た場所に痛みを感じることが多く、シンスプリントだと思っていたら疲労骨折だったということもあります。

脛骨の他には中足骨や骨盤にも起こりやすいです。

小さくても継続的なストレスにより徐々に骨にヒビが入るため、自覚症状が見えにくいのが特徴です。

走る距離が伸びてきたり、練習強度が高まってきたときに起きやすく、「オーバーユース=使い過ぎ」が原因とされています。

疲労骨折は治りが遅く、痛みの初期段階はガマンすれば走れてしまうので発見が遅くなることが多々あり、注意が必要です。