NPO法人「阿見アスリートクラブ」とスポンサー契約締結

日本陸上界初の中距離専門プロチーム
「阿見AC SHARKS」のサポートを開始

NPO法人「阿見アスリートクラブ」とスポンサー契約締結

「NPO法人 阿見アスリートクラブ(以下、阿見AC)<事務所:茨城県稲敷郡阿見町、理事長:楠 康夫>」とのスポンサー契約を締結。2020年4月に誕生の日本陸上界初となる中距離専門プロチーム「阿見AC SHARKS」のサポートを開始いたします。

「阿見AC SHARKS」3選手からのコメント

  • 楠 康成 (くす やすなり)

    これまで日本には中距離に特化したチームがなかったと思うので、こういうチームを定着させていくことが僕らの使命だと考えています。まだ日本の中距離は世界のトップカテゴリーでは活躍できずにいますが、僕らがしっかりと活動して、日本の中距離界の中心であり続け、それ相応の結果も残さねばいけないと思っています。

    [ 自己ベスト ]
    800m / 1分50秒92
    1500m / 3分41秒35

  • 飯島 陸斗 (いいじま りくと)

    日本の中距離=阿見AC、と言われるように中距離界を盛り上げたい。

    [ 自己ベスト ]
    800m / 1分48秒65
    1500m / 3分42秒87

  • 田母神 一喜 (たもがみ かずよし)

    チーム、そしてブルックスと、新たなスタートを切ることで注目される意識と誇りを持って活動したい。

    [ 自己ベスト ]
    800m / 1分48秒56
    1500m / 3分40秒49

3選手おすすめの“ゴースト”

  • [ 1D438 ]

    詳細をみる

    少し速いペースでもクッション性があって、スピードも出せるマルチ型のシューズ。足への負担も少ないので、継続した練習ができます。

    楠 康成

  • [ 1D040 ]

    詳細をみる

    安定性が1番の良さだと思います。これさえあれば大丈夫というシューズで、ドリルや流しでも感触が良い全ての人にお勧めしたいシューズです。

    飯島 陸斗

  • [ 1D175 ]

    詳細をみる

    ある程度ソールに硬さを感じられて、アスファルトの反発が返ってくる。気持ちよくペースを上げるジョグや流しなどに最適です。

    田母神 一喜